革工房クラウド オーナー

382

谷口義行てす 本物になりたくて日々修行の毎日です 好きな言葉は 精進です

ほんとうの僕は 炭鉱夫だよ ある時に井戸を掘ろうとひたすら地面を掘り始めた

道行く人々は笑ったよ そんな所から水脈は出ない でも僕には掘り続けるしかなかったからね

なんの才能も才覚もない僕は 掘り続けた やがて水脈に当たった でもね井戸は誘い水をしないと水は出てこない 誘い水それは日々の努力だった

僕はひたすら掘り進んだ やがて日は差し込まなくなり 自分が何者かもわからなくなった

日が差さないから自分の姿も見えない 恥を知らない僕だね

手を見たら真っ黒で傷だらけ 僕は何者なんだろう?  暗闇の哲学者ならかっこいい

けどほんとうの僕は炭鉱夫なんだ やがてツルハシの先にカチン!と

当たるものがあったそれが 発明や発見や新しい製品群だった

それを世にかかげると人々が集まり出したんだよ

だからほんとうの僕は暗闇の炭鉱夫だよ